Automatic System for Editing Dance Videos Recorded by Multiple Cameras

Shuehi Tsuchida, Satoru Fukayama, Masataka Goto





Interface

概要

自動編集機能を活用することで,動画編集の専門知識がなくとも簡単に魅力的なダンス 動画を作成できる多視点ダンス動画のインタラクティブ編集システムを提案する.ダンサーは,パラメータ を調整することで,自身の目的に応じた動画に自動で編集させることができる.また,動画編集の原則に基 づいて決定されたカメラの優先選択度をヒートマップとして提示することで,カメラ選択を音楽の 1 拍ご とに修正して好みのダンス動画を制作できる.さらに,被写体とカメラの距離が近いほど画面上側に,遠い ほど画面下側に並び替えられており,全体を俯瞰することで近い,遠い映像の割合を容易に確認することが できる.自動編集機能の有効性を評価実験を通して確認し,本提案システムの必要性を確認した.

LINKS


Automatically Editing

Abstract

We present a system that automatically edits dance-performance videos taken from multiple viewpoints into a more attractive and sophisticated dance video. Our system can crop the frame of each camera appropriately by using the performer’s behavior and skeleton information. The system determines the camera switches and cut lengths following a probabilistic model of general cinematography guidelines and of knowledge extracted from expert experience

LINKS